スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デカダンスドュショコラ【渋谷区】リピ

今年のバースデイケーキも頼んでしまった「デカダンスドュショコラ」の渋谷マークシティ店へ。
イートイン席は2席で、ショップはこじんまりしてました。
ヌーボーパフェがあったら食べたいなーなんて思ってたんだけど、
ここのお店ではメニューにないようなので、パフェは諦めてケーキをテイクアウト。


ミルフィーユ
サンドしてあるチョコレートクリームが、ショコラ専門店の割りには軽めだったかなぁ。
パイ生地がへにゃってます・・・残念。


名前忘れちゃいました、ご覧の通り、板チョコの上はマーマレードがちょっこり乗ってて、
チョコムースの周りはオレンジ色&オレンジ味のマジパンちっくな生地で囲まれてます。
うーん・・・あまり好みではないです。


エボニー&アイボリー
見た目は王道なチョコレートケーキで食べやすいんだけど
これも思ったよりチョコレートが軽めで重厚さはそれほど感じないかな。食べやすいっちゃ食べやすいけど。


ココナッツのマカロン。まぁ、普通です。

デカダンスのケーキを食べるのは3度目で、
バースデイケーキをお願いした位かなり気に入ってたハズなのに
以前食べたオートンもベロアは好みだったので、ハズレないかなーって勝手に思ってたのかな。

★☆(ヌーボーパフェ食べたかったなぁ)

ごちそうさまでした。
スポンサーサイト
TAG :
渋谷区

GLOBE DU MONDE【市ヶ谷】

帰省旅行も無事終わった月曜日。
有休をとってたのでウィークデイランチに行こうー!と、
市ヶ谷にあるビストロフレンチ「グローブデュモンド」へ


駅から歩いて5,6分、お店の提灯とフランス国旗のコラボが珍しいお店外観。


店内。正直キレイとは言えません。ちょっと居酒屋っぽくもあるのかな。
天井に敷き詰められたゴザとか、吊るされてるお酒のビンとか、フレンチというよりオリエンタルな感じ。
で、ランチは前菜+メイン+デザート+飲み物で¥1,500のコースにしました。


自家製のパンはバゲットではなくて、モチモチした食感のプチパン。バターいらずで美味しかった。


ぶれててスイマセン、スモークサーモンのサラダ そば粉のクレープ添えです。


めるくとこんな感じ。サラダのドレッシングも美味しかったよー!


こっちは仔牛すね肉のサラダ。すね肉はたっぷり入ってて味付けもしっかり目


私チョイスの鳥もも肉のクリームマスタードソース。
ソースはホワイトシチューに似た味で、鶏肉はやーらかプリプリしてた。


こっちは牛肉のステーキ。
意外と?やーらかくって食べやすかったし、そこそこ脂もあって美味しい。
牛臭いのが苦手な私でも、気にならなかったし。


デザート盛り合わせ。フルーツタルト3つにパウンドケーキにパイにブリュレと盛りだくさんです。
これ全部手作りっぽいし、どれもそこそこ美味しかったです。
やっぱりデザートはこうでないとねー


締めの飲み物。紅茶だとティーパックで出てきます。
ティーパックは、ちょっと懐かしい言葉で言うと"想定の範囲内"です。

お店自体はそれほど大きくないけど、絶えずお客さんや常連さんっぽい人達で埋め尽くされてました。
お料理はどれも手を抜いてないってのがちゃんとわかるし、勿論美味しかったので
この価格でこのボリュームでこのクオリティを保ててるお店って珍しいと思う。

味も価格もボリュームも良くって、接客もソツなくテキパキっとしてて悪くない。
強いて言うなら、居心地がビミョーかなぁ。
お尻が痛くなりそうな華奢な椅子、不安定なテーブル。
座った席のテーブル脇に、たこ足コンセントがぶら下がってたんだけど、
そのコンセントが真っ黒に汚れてたのでちょっとビックリ。
ちょっと私的には清潔さに欠けるお店かなって印象だけど
この建物風情が、このお店の好みの別れ所なのかな。
この雰囲気を個性と感じるか、そうでないかは貴方次第。

★★(いろんな意味で惜しいビストロ)

ごちそうさまでした。
TAG :
千代田区

東北道SA・PAなMogu【上り】

さて、今回の青森帰省グルメ日記もこれで最後なのですが、
上りのSAPAでは、1食しかしていないという事実。

国見SAにて、Tシャツの腕をまくって大盛カレーを食べてるガクセー風若者を尻目に
スナックコーナーでお夜食を頂きました。


かき揚げそば&ラーメン定食¥770だったかな


パーコー麺¥800

楽しい旅を過ごせて大満足でしたあ
又どっか行きたいなーはーと

エリアコンプレックス【青森・AugaB1】

さて、青森と言えば海の幸、という事で、
弘前市を離れた後は、一路青森市内へ向かいました。
お目当ては海鮮系ランチ

「Auga」という、複合ビルがあるのですが、
地下は魚市場と飲食店があるいかにもな観光向けスポット、
上のフロアーはタトゥーやネイルサロンやファッションショップがひしめき
更にその上は多機能ホールや会議室があるという、混沌としたビルがありまして
勿論お目当ては地下のお食事コーナーでございます。
お店の名前は「エリアコンプレックス


お店、というよりかは、郊外ショッピングモールの地下にあるような
セルフサービスの軽食ができるようなスペースって感じす。お水もセルフサービスだし。
コンクリート打ちっぱなしの天井に、座敷とカウンターとテーブルと
かなり広めのスペースで、横を見るとバッチリ市場が見えたりします。


私が頼んだのはうに・いくら・ほたての三色丼です¥2,000


ホタテはぷりぷりしてて、食べ応えアリアリ、ウニも甘くてまろやかー
イクラもプチプチした食感がちゃーんと楽しめます。


そして相方さんは、せっかくなので大間の本マグロの刺身定食¥1,800


大間の赤身のみですが。


なんかね、うまく言えないんだけど、噛んでても身が締まってるのがよくわかるんです。
フニャっとしてないし、生臭さも無くてやっぱり美味。

地元の方は、普通のランチメニューなしょうが焼きなんかを食べてて、
観光客はこの手の海鮮系を食べてるみたいなので、見分けがすぐ付きそうです。
意外と価格に対するお得感は無かったけど、こんなもんなのでしょうね。

★★☆(美味しくて安心した)

ごちそうさまでした
TAG :
青森県

ル・ショコラ【弘前】

さて、青森2日目ですが、旅の目的も果たしたので
残るは、食べ&観光モードのみです。
そして弘前を離れる時間も近づいてたのですが、最後にもう1軒だけ!て事で
又もやパティスリーな「ル・ショコラ」さんでお買い物。


何やらお店の前にある看板を見ると、食べ歩き用パフェなるものがあるっぽい。


訪れたのがまだ午前中だた為か、ケーキの種類は結構ありました。
どれも結構美味しそう!そしてここのケーキ類も¥200~300台の価格が殆ど。
贈答用にも充分使えそうな焼き菓子もなかなか豊富に置いてありました。


そして食べ歩き用パフェです。頼むと奥でちょちょっと作ってくれました。
値段は¥346、下はカリカリのコーンフレークがちょい多目、
生クリームとアイスとバナナとキャラメルソースなどなど。
味は無難な仕上がりで目新しさはないけど、
わざわざ"食べ歩き用"とメニューに謳ってるのはちょっと興味をそそられました。


だいぶボケてますが。お店の名前がついた「ル・ショコラ」というケーキです。
こちらも無難なチョコレートケーキだったりするんだけど、パリ亭よりかは好感触。
ただ、こっちもスポンジ食感はちょっと粗めに感じたのであまり好みでは無いかも。

★☆(近所にあれば結構制覇してるかも)

ごちそうさまでした。
TAG :
青森県

パリ亭【弘前市】

週末は帰省旅行だった故、暫く青森グルメが続きます。

さて、宿泊したホテルのすぐ近くにあったのが、パティスリーな「パリ亭
事前にあるって事は知ってたので、必ず立ち寄ろうと思ってたお店でした。





ショウケース内も、なかなかに頑張ってる様子のケーキがずらりと並んでおりました。
お店の奥はイートインスペースもある様子。
これから夜ゴハンって時間帯でもあったので、散々悩んだ末に2個だけお買い上げ。

それにしても青森のケーキ類の安さはステキです。
普通にガトーショコラが¥190なんかで売ってたりするし、
¥300↑になると何故だかお高く感じてしまうという、恐るべし弘前マジック。





二つとも違うケーキなのに、まったく似通ったのをチョイスしてたという事実。
上に乗っかってるナッツもカブッてるし。
すいません、名前は忘れました。
上はキャラメルベースで、下はチョコレートムースベースのケーキでした。

どちらもそれなりな、フツーのケーキだったんだけども
チョコムースも味が一辺倒だったし、それよりも何よりも、
どっちのケーキもスポンジが、ボソボソした食感でイケてなかったです。

選んだケーキも偏ってたから、何とも言えないけれども、
お店もコギレイで感じよいんだし、もうちょっと頑張って欲しいかも。
東京や本場フランスのパティスリーを研究してるのは伺えたんだけど、
オリジナリティー溢れるケーキが見当たらなかったのがちょっと残念

★(今後に期待しつつ)

ごちそうさまでした。
TAG :
青森県

シェ・アンジュ【弘前市】

さて、弘前市に到着した頃は丁度ランチタイムな時間でしたので
フレンチレストラン「シェ・アンジュ」へお邪魔しました。


白い洋館チックで可愛らしい外観


テラス席もアリ


店内は近代的というより、昔ながらのアンティークなフレンチレストラン風

ランチは(スープ+メイン+デザート+エスプレッソ)で¥1,200のコースにしました。
ちなみにメニューは控えてないので、料理名は曖昧です。


トマトのスープ。ちょっとしょっぱかったような。
そしてバケットの写真を撮るのを忘れてました。
ちなみに自家製パンで、フランスパンとプチロールパンがでてきます。
ロールパンって珍しいね


こちらは白桃の冷製スープ。前菜スープというよりデザートみたいに甘くて美味しい。


メインはお魚のポワレにしました。平目かな


こっちも平目のバナナソテー添え。上に乗っかってるのはバナナ
ほんとは鯛と平目だったんだけど、鯛が終わっちゃっててどっちも平目になっちゃった。


デザート盛り合わせがライチのシャーベットとレアチーズムースケーキとフォンダンショコラ。
デザート盛り合わせっていろいろ味が楽しめていいですよねー
フォンダンショコラのチョコレートソースはちょっと薄目だったけど
トロトロしてて美味しかった。


締めはエスプレッソ

¥1,200という価格はビストロチックだけど、ボリュームは普通のフレンチっぽい感じで量は控えめ。
故に、中途半端感は否めないし味付けに?な部分もあったけど、
この価格でしっかりめのフレンチが食べれるなら良いかなー

全体的に料理のバランスは悪くないし満足度も高かったです。
デザート盛り合わも目で見て楽しめたし、店の雰囲気も接客も程良い感じ。
お店側の頑張ってる感がちゃんと伝わってきました。

★☆(これからも頑張って頂きたいフレンチレストラン)

ごちそうさまでした。
TAG :
青森県
プロフィール

Muka

Author:Muka
ご訪問ありがとうございます。
私的食日記となっております。
ブログ内の価格・料理名は
記憶頼りの為、ほぼ曖昧です。

ブログの詳細は
モグメモについて」をご参照下さい

好みで星も付けてたりします。
最高が★3つです

広告コメが凄まじいので
ブログのコメント欄は閉じてます。
何かあれば、↓のメールフォームにて
ご連絡頂ください。

カレンダー・月別アーカイブ
07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

+ 月別アーカイブ
 
カテゴリー
食備忘録(直近30件)
地域別
子供同伴可でタグ増やしました
23区内は、あいうえお順
MoguMemo内検索
過去記事一覧

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

私的リンク
FC2ブログランキング
更新モチベの糧に

FC2Blog Ranking

RSSフィード
QRコード
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。