FC2ブログ

ヒルサイドパントリー代官山【渋谷区猿楽町】

ヒルサイドパントリー代官山」でパン物色に行ったけれど、
パン以外にもいろんな食材が置いてたり
サンドイッチなんかの軽食も食べれるのかな。


・発酵バタークロワッサン ¥180
気付いたら無くなってて食べれてませんが、美味しかったらしいです。


・全粒粉ベーグル プレーン ¥100と、ベーグル スペシャル(ごま) ¥120

プレーンはほのかに甘い味、シンプルで食べやすいです。
ベーグル特有のもっちり感はまあまあ。
スペシャルは黒ごまが練りこまれた生地に、カットされたさつまいもが更に練りこまれてるけど
さつまいも率は低いので、ほの甘さに当たる頻度はそれほど高くない気が。
どちらもそれほどサイズ的には大きい感じでは無かったです。


・ピタパン ¥120
何にでも相性が良さそなシンプルなピタパン。
もちっとした食感や風味はなかなか良いかも。


ミルクパン ¥90
ほのかに甘ーくて食べやすい。ロブションで出るパンに似てるね。


・かぼちゃのマフィン ¥250
マフィン上部にはオレオが一緒に焼かれてます。
表面はクッキーっぽい食感で甘くて香ばしい。
ボリュームもなかなかあるマフィンです。
生地の中にもチョコチップかな?が練りこまれてあって食べ応えアリ

レジ打ち時のサービスやパンの取り扱いはちょっと雑な感じはするけれど
店員さんは活気もあるし良い感じ。

代官山という土地柄や、パンのクオリティーを考えてると
価格はかなりリーズナブルなんじゃないかなーと。

★★

ごちそうさまでした。
スポンサーサイト



TAG :
渋谷区

ラテール洋菓子店【世田谷区三宿】

ラテール洋菓子店」でお買い上げ。
斜め向かいには同系列のブーランジェリーもありました。
パティスリー店内は、結構賑わってました。


ハニーベア ¥210
マドレーヌに食感は似てる気がするけれど、しっとり感はあまり無いです。
見た目は可愛いけどフツウな美味しさ。


チーズケーキ 酪 ¥210
プチサイズというにはちょっと大きいかもしれないけれど、
しっとりレアチーズ、下はスポンジ生地が敷かれてます。
チーズの風味は程々、コクも程々に味わえる贅沢なチーズケーキ
チーズのこってり感はそれほど無いので食べやすいかも


アールグレイショコラ ¥472


瑞穂 ¥1,050
米粉を使ったロールケーキで、丹波の黒豆がロールされてます。


こんな感じ。
米粉というので、ちょっとモッチリしたタイプなのかなって思ったけど
もちっとした食感より、ふんわり感の方が勝る感じです。
クリームの甘さはどっちかといえば控えめ、
黒豆が甘くて存在感があるので、丁度良いアクセントになってるのかも。
美味しいです。


和栗のモンブラン ¥630
いかにもモンブラン!て感じのモンブランクリームの風味ははっきり
その分甘さも強い気がします。

ケーキの見た目としては、町のケーキ屋さん風というか
それほど洗練されてるとか、色使いが凝ってたりとかの派手な印象は無いけど
1つ1つがしっかり作られてて、味にブレが無いという感じ。

目で楽しめるようなタイプのケーキはそれほど多くないけれど
堅実に美味しいパティスリーじゃないかなーと思います。

★★

ごちそうさまでした。
TAG :
世田谷区

DOLCE東京 代官山【渋谷区代官山】

ランチ帰りに寄ってみた「DOLCE東京
ぷりんトーストなるものがウリらしい。


白を基調とした店内、お店はさほど広くないけれど
ラグを敷いたソファー&テーブルスペースと、
4人掛けのテーブル席が4~5席ぐらいはあったかな。
大きな液晶テレビでは、ここのお店のデザートがメディアで取り上げられた際の
録画画像をエンドレスで流してる模様。
テレビ見てみたけど、ぷっすまと堂本剛の正直しんどいあたりで
紹介されてるんだなってのは確認できました。

で、ランチ後にも関わらず、お好きなぷりんトースト+グラスシャンパンで
¥1,550のセットをオーダー
お好きなぷりんトーストというのは、トーストにかけるソースと
振り掛けるシュガー類、添えるクリームをそれぞれ選べるんだけど
一番定番っぽい、はちみつ+粉砂糖+生クリーム添え にしてみました。


こんな感じ。
確かに上はこんがり焼かれたトーストの食感がちょっとあるんだけど
下はふわふわとろとろでペロっと食べれちゃう感じで食感は軽い。


セットのグラスシャンパンですけど、
公式サイトを見たらオリジナルシャンパンって書いてて、
疎い私は何がオリジナルなのかはさっぱりわからないのですが、
リーズナブルでいいけど、美味しさで言ったら
ちょっと高くてもmoetにしたほうが良かったかなぁ?なんて。

肝心のぷりんトーストの味は、結局読んで字の如く
ぷりんとトーストの超合体作品なものなので、
味の想像も大体ついちゃうし、実際想像通りのベタ甘~な美味しさで、
ある意味期待を裏切る事は無かったです。
とろふわーの食感を一度は味わってみるのも良いかと思います。

ああああ!テイクアウトでプリンも買ったのでした!


代官山カステラ焼きぷりん ¥480
カステラが中に入った、こちらもとろとろした食感の焼きぷりん
うん、卵の味がしっかりしてる濃厚プリンで美味しいです。
だけど¥480はちょっと高いよね?

★☆

ごちそうさまでした。
TAG :
渋谷区

レザンファン ギャテ【渋谷区猿楽町】

ランチで「レザンファン ギャテ」へ。
テリーヌをメインにしているフレンチレストランという事なのですが、
私がいわゆる昔ながらのテリーヌはちょっとニガテで、後回しにしてたお店というか。
でも、いろんな素材を使ったテリーヌが食べれるんだよ!という事で満を持して?行って来ました。


ここにもパンプキンボーイがっ

コース料理は、つきだし+本日のスープ+メイン(コレクション・ドゥ・テリーヌから一品)
+サラダ+キャフェ、タルト・オ・ショコラで¥3,150(税込・サービス料別10%)
グラスシャンパンは¥1,785、グラスワイン(白)は¥1,260~
料理名は曖昧模糊っす。


つきだし ねぎとかつおのたたきのテリーヌだったかな
周りはねぎで巻かれてて、中にぷりっとしたかつおのたたきのカットしたのがコロコロ。
さっぱり美味しい。



パンはパッと見ハードそうに見えて、実はふかふかでアッチィ


本日のスープは8種類の野菜を使ったスープで、底にはかぶが敷かれてます。
こちらも口当たりはさっぱりしてて、中の野菜の食感を楽しめる感じ。


メイン オマール海老と茄子のテリーヌ フルーツトマト、タプナードとほのかなカレーの香りを添えて
こちらはコース金額に+¥840の料理
茄子のなめらかな食感と海老のぷりっとした歯応えが同時に楽しめるステキテリーヌ。
カレー風味はあんまり記憶にない鈍感舌ですみません。


メイン 鴨コンフィとじゃがいものサルラデーズのほの温かなテリーヌ クレソンとインゲンのサラダ添え
メニューにクレソンとインゲンって書いてたけど、付け合せで出てきたのはブロッコリー。
インゲンって今冷凍物が話題だから出ないのでしょうか?って、そういう訳じゃないよねー


メインのテリーヌと同時に出てくるサラダ


デザートはタルトオショコラ
濃厚ビターで苦味が結構効いたタルトで美味しい。アイスも濃厚かつクドさが無くてさっぱり

美味しく頂けましたが、何だか物足りない感が残ったんだよねー
ボリュウム的にって言うんじゃなくて、何かが。
それが何なのかはわからないけれど、何かが。
あ、やっぱボリュウムなのかな?ここで食べた後にデザート別店で食べれたから(笑
メインテリーヌ以外に肉or魚料理が付くコースもあるので、そっちだと又違ったかな。

お店のスタンスというかウリが明確だし迷いが無いお店みたいなので、
店を選ぶコチラ側も使いドコロがはっきりしてて、良いかなって気はします。

サービスもスマートで良いんだけど、食後のドリンクを持ってきた時に
「今お茶菓子をお持ちします」って言ったっきり、全然持ってくる気配が無くて(笑
時間も無かったので、小菓子を待つ事なくお店を出ました。
メニューにも小菓子って載ってないし、ディナーの時と給仕さんが間違えたのかなー?と。

店内は手前の方がバーカウンターや、窓際席もあって明るくややカジュアル
店内の奥は雰囲気も落ち着いててしっとり食事できるような感じでした。

★☆

ごちそうさまでした。
TAG :
渋谷区
プロフィール

Muka

Author:Muka
ご訪問ありがとうございます。
私的食日記となっております。
ブログ内の価格・料理名は
記憶頼りの為、ほぼ曖昧です。

ブログの詳細は
モグメモについて」をご参照下さい

好みで星も付けてたりします。
最高が★3つです

広告コメが凄まじいので
ブログのコメント欄は閉じてます。
何かあれば、↓のメールフォームにて
ご連絡頂ください。

カレンダー・月別アーカイブ
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

+ 月別アーカイブ
 
カテゴリー
食備忘録(直近30件)
地域別
子供同伴可でタグ増やしました
23区内は、あいうえお順
MoguMemo内検索
過去記事一覧

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

私的リンク
FC2ブログランキング
更新モチベの糧に

FC2Blog Ranking

RSSフィード
QRコード
QR
このページのトップへ